弁護士しかし後遺障害が確かに残っていることを証明し、手続きをし相手方の保険会社に対しても話し合いをしていかなければならないことを考えると、とても自分でおこなう自信がないという方も多いのではないでしょうか。特に事故後でしかも後遺症が残っていることを考えるとなおさらです。それで多くの人が専門家である弁護士に後遺障害等級認定に関する手助けを依頼しています。自分で煩雑な手続きをすべてこなそうとするのではなく、弁護士と被害者請求をすることにはさまざまなメリットがあるのです。

まず正確に、そして定められた手順に従って弁護士が手続きをしてくれることによって後遺障害の認定そのものが受けやすいという点があげられます。さらに治療費の受け取りを前倒しできたり、最終的に受け取れる慰謝料も個人で頑張る場合よりも増額されることが期待できたりするのです。

なによりも事故後で体調が悪い中大変な手続きを弁護士が代行してくれるというのはメンタル的にとても大きな助けになるはずです。交通事故の後遺障害認定は今後の人生を左右するような問題です。たとえむち打ちのようなメジャーな症状でも簡単に考えず、治療をしていく中で症状が回復に向かっていかない場合はぜひ専門家に相談してみてください。

Published by admin