専門家に頼むメリット

弁護士しかし後遺障害が確かに残っていることを証明し、手続きをし相手方の保険会社に対しても話し合いをしていかなければならないことを考えると、とても自分でおこなう自信がないという方も多いのではないでしょうか。特に事故後でしかも後遺症が残っていることを考えるとなおさらです。それで多くの人が専門家である弁護士に後遺障害等級認定に関する手助けを依頼しています。自分で煩雑な手続きをすべてこなそうとするのではなく、弁護士と被害者請求をすることにはさまざまなメリットがあるのです。

まず正確に、そして定められた手順に従って弁護士が手続きをしてくれることによって後遺障害の認定そのものが受けやすいという点があげられます。さらに治療費の受け取りを前倒しできたり、最終的に受け取れる慰謝料も個人で頑張る場合よりも増額されることが期待できたりするのです。

なによりも事故後で体調が悪い中大変な手続きを弁護士が代行してくれるというのはメンタル的にとても大きな助けになるはずです。交通事故の後遺障害認定は今後の人生を左右するような問題です。たとえむち打ちのようなメジャーな症状でも簡単に考えず、治療をしていく中で症状が回復に向かっていかない場合はぜひ専門家に相談してみてください。

後遺障害の等級認定

認定後遺障害が残るということは今後の人生においてもなにかと不便がつきまとう可能性があるということであり、それは生計を立てるための仕事にも大いに影響してくる可能性があるものです。そのため後遺障害認定をきちんと受けることによって、高い保険金や慰謝料を支払ってもらうことはこれからの生活のためにも重要なポイントとなります。

後遺障害の認定を受けた場合付け加えて受けることができるのが後遺障害慰謝料と後遺障害逸失利益というものです。請求できる損害賠償額はかなり増えることになるので、当てはまる人は面倒くさがらずにきちんと手順を踏んでいくべきです。

注目したい点として、これらの後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益は最終的な相手方との示談が終了する前でも受け取ることができます。このおかげで後遺障害が残ってしまい不便な生活を強いられているとしても当面の生活に必要なお金や場合によっては弁護士費用などをきちんと賄うことができるのです。真面目に治療しているのに後遺障害が残る場合、それは相手方へいちゃもんをふっかけているわけでもなんでもなく、れっきとした権利として等級認定を申請し、認定を受けることが妥当なものと言えるのです。

むち打ちも後遺障害?

むち打ち数多くある後遺障害に認定される可能性のあるケガの中には交通事故による症状で非常に多いむち打ちという症状も含まれます。「むち打ちくらいで後遺障害になるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、まさにその感覚というのがむち打ちになってしまった多くの被害者を苦しませるものとなっています。むち打ちというものがあまりにも一般的な症状となっているため、事故の相手方の保険会社も「むち打ちくらいなら2~3か月で治る」と決め付けてきて早期示談完結を迫ってくる可能性があります。むしろむち打ちで治療を長引かせている方がずる賢いというような風潮というものがあるかもしれません。

しかし実際むち打ちで経験する不快感や痛みというのはとても大きいもので、そうした症状が事故直後よりも時間が経過してからのほうが強くなってくるということも有り得ます。それでかりに急かせるようなことがあってもきちんと治っていないのに安易に相手方のプレッシャーに屈して示談に応じないようにしたいものです。むち打ちは後遺障害が認定される可能性もあるほどの傷害であり、担当してくれている医師に対しても自分の状態を正確に伝えて症状を理解してもらう必要があるものです。

交通事故のその後

後遺障害交通事故というものはかなりの割合の人が経験しているトラブルであり、自分が運転免許を持っている人はもちろん、免許のない人や子ども、学生であっても交通事故に遭って大変な思いをしている人がたくさんいます。普段の会話の中でも以前の交通事故が原因でケガをして、それがときどき痛むなんて話を割と普通に聞くことがありますが、実はこのように後々まで交通事故によるケガの影響が残ってしまうというのは大変なことで、いわゆる後遺障害があると考えていいわけです。後遺症という言い方をするとかなり大げさな雰囲気があるかもしれませんが、一定期間治療しても完全に治っていないのであればれっきとした後遺症なのです。しかしここで微妙に違ってくるのが「後遺症」と「後遺障害」です。

後遺障害」というものはきちんとした手続きを踏んで認定してもらうものです。ある程度の期間継続して治療したものの、これ以上治療しても良くなる様子がないとなると「症状固定」となってその後後遺障害等級の認定申請をすることになります。その結果認定されてはじめて「後遺障害」が残ったという結果になるのです。ですから単に「古傷がちょっと痛む」というような意味で話している場合と、正式に特定の交通事故による後遺障害があるというのではまったく異なってきます。しかし交通事故によるケガにはさまざまなものがありますが、例えばどのようなものが後遺障害として認定されるのでしょうか?