むち打ち数多くある後遺障害に認定される可能性のあるケガの中には交通事故による症状で非常に多いむち打ちという症状も含まれます。「むち打ちくらいで後遺障害になるの?」と思われる方も多いかもしれませんが、まさにその感覚というのがむち打ちになってしまった多くの被害者を苦しませるものとなっています。むち打ちというものがあまりにも一般的な症状となっているため、事故の相手方の保険会社も「むち打ちくらいなら2~3か月で治る」と決め付けてきて早期示談完結を迫ってくる可能性があります。むしろむち打ちで治療を長引かせている方がずる賢いというような風潮というものがあるかもしれません。

しかし実際むち打ちで経験する不快感や痛みというのはとても大きいもので、そうした症状が事故直後よりも時間が経過してからのほうが強くなってくるということも有り得ます。それでかりに急かせるようなことがあってもきちんと治っていないのに安易に相手方のプレッシャーに屈して示談に応じないようにしたいものです。むち打ちは後遺障害が認定される可能性もあるほどの傷害であり、担当してくれている医師に対しても自分の状態を正確に伝えて症状を理解してもらう必要があるものです。

Published by admin